menu

株取引をやるうえで日々、ネット上から情報収集は欠かせないと思います。その中で成功につながる情報を見るのも大事ですが、失敗事例を把握することもとても大事です。技術面、精神面で自分自身に当てはまることはないか確認し、今後の教訓として活かしましょう。

本当にあった株の怖い話

株で失敗をして大きな借金を抱えたという話を聞いて、なぜそのようなことになるのだろうかと疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。
借金をしてでも株に投入をしなければ最悪でも借金を背負うことがないのではと考えるかもしれませんが、株には信用取引というものがあり文字通り借金をして投資をすることができる仕組みがあります。
信用取引というのは証券会社からお金や株を借りて売買する方法であり、資金の3倍の金額のお金を運用することができるので大きな利益を手にすることができる可能性のある一方で、大きな損失を出してしまう恐れもあります。
基本的には資金がマイナスとなるような状況になると、強制決済されて借金にはならないようになっているのですが、例えば企業が倒産をしたという状況になった場合強制決済をされるにしても、そのような状況ではすぐに買い手も出てこないので決済された時には大きな借金を抱え込んでしまうということがあるのです。
そして、この際に投じている資金が信用取引だけでなく他の金融機関からも借りたお金を使っているのであれば、莫大な金額の損失を発生してしまい再起不能になってしまう恐れがあるのです。
このように株で失敗するというのは、無茶な借金をした時に起こりやすいものとなっています。
しかし、普通に借金をしないで売買をしている範囲であれば最悪の場合でも投資したお金を失ってしまうだけですから、投資をするときには最悪なくなっても困らないという金額で投資をすることで、大きな失敗をしてしまうということがなくなるため過度のリスクを恐れる必要もないのです。
また、信用取引も利用の仕方が問題なだけで使い方次第では便利なものとなっていますから、リスク管理を徹底していれば失敗をすることもないのです。

ページ上部へ戻る