menu

旭硝子の株価とレンタルコンテナ会社について

旭硝子は住宅やビルなどに窓用ガラスから自動車用のガラス、液晶ディスプレイ用のガラスなど様々なガラス製品の開発製造を行なっている会社です。ガラス事業とディスプレイ事業に関しては世界トップクラスのシェアを誇っており、日本のみならず世界的に高度なガラス製品生産技術が評価されているといった特徴があります。旭硝子は東証1部上場企業であり、個人投資家が株の売買を行なうことが可能となっている企業のひとつであるとも言えます。旭硝子の株価としては現在のところ580円から600円の間で推移しており、一年ほど前に比べると若干価格が減少傾向にあるものの、株価の乱高下は少なく安定銘柄のひとつとして捉えておいても構わないとも言えるでしょう。投資家に対する配当が他の企業より若干高めなので、配当目的で長期ホールドするべき銘柄として選べますが、株主優待制度は導入されていません。
株主優待制度で言えばレンタルコンテナの貸し出し、または施設管理を行なっている企業の中には制度を導入しており、クオカードや商品券を年間1回か2回程度の間隔で投資家に給付しているといった企業も少なくはありません。普段レンタルコンテナを利用しないといった方でも、株主優待目的でレンタルコンテナの関連企業の株を長期で保有することを検討すべきだと言えるのです。またレンタルコンテナの専属業者ではなく不動産業務の一部としてレンタルコンテナの貸し出しや施設管理を行なっているといった、不動産関係会社も存在しています。それら企業の情報はインターネット上のファイナンス系のホームページで確認できるようになっており、株主優待の有無も簡単に閲覧できるようになっています。

関連記事
新着記事はこちら
  1. 旭硝子の株価とレンタルコンテナ会社について
  2. エムフェイスに投資をするよりモバイル機器で株
  3. 株失敗者が話す株の裏話
  4. 株に失敗した人の末路
月別アーカイブ
ページ上部へ戻る