menu

株失敗者が話す株の裏話

株で成功する人もいれば、一転して大失敗してしまう人もいます。とはいえ、株で失敗した人も全く勝てていなかったわけではありません。
ある時までは儲けてたにもかかわらず、ちょっとしたことで手放すのが遅れ、結果としてズルズル来てしまったという人が多いのです。
これから株を始めようとする人は成功した人の話を聞くことはもちろんですが、失敗した人の話を自分ごととして受け止める必要があります。
株で失敗した人の大半はいつかは値が上がるだろうと、多少値が下がっていたとしても売るのを我慢した人たちです。
人間は一番値の付いたところで売ろうとします。まだ値は上がると思っていると、その売り時を逸してしまい、結果として損をしてしまうのです。
一方、株で成功する人は最高値で売り抜けようとするのではなく、ある程度の利益が見込めた段階ですぐに売りに出す傾向にあります。
別に1つの銘柄で利益を出さなくてはいけないのではありません。株式市場はそれこそたくさんの企業の株が買えるわけで、その分、利益を生み出すことは可能なのです。
またそうした自信があるため、最高値から多少下がったとしてもすぐに売ることができます。
また、損をした時でも損切りと呼ばれる、このラインに達したら売却しようというものを厳格に決めている人も成功する人の特徴です。
これがいずれ回復するだろうと思ってしまうような人だとかなりの大損をしてしまいます。
仮に損をしても、次で巻き返せばいいのが株です。
1つの銘柄で決着をつけようとするために失敗してしまい、成功する人は全体的な流れを見て参加することができます。
1つの銘柄だけ応援したい人は別ですが、相場で資産運用したい場合には1つの銘柄にこだわらない姿勢が求められます。

関連記事
新着記事はこちら
  1. 共同印刷の2015年の株価推移を日経平均と比較する
  2. 旭硝子の株価とレンタルコンテナ会社について
  3. エムフェイスに投資をするよりモバイル機器で株
  4. 株失敗者が話す株の裏話
  5. 株に失敗した人の末路
ページ上部へ戻る